これをやらずに何をするんだ!【自分でできる3大むくみ対策】


『むくみのないシュッとした脚。』

ボディセラピストとしてたくさんの足を触ってきましたが、特に女性は脚のむくみを気にされる方とっても多いですね。

フットマッサージしながら施術中に「むくまないようにするケア方法」をお話しているのですが、こちらでもご紹介します。むくみのないシュッとした脚に興味関心のある方は読んでください!

Q.なんで脚はむくむの?

それは、脚の細胞に、余分な水分が排出されずにたまっているからです。

むくみの原因となる、その余分な水分を吸収してくれるところは、基本的には脚の「静脈」です。むくんでる人は静脈の働きが悪いので、細胞にある水分が吸収されないのです。

立ったまま座ったままだと、筋ポンプの機能が低下し、静脈の流れが悪くなります。そうすると、血管の内側から水分があふれ出して、血管の外、つまり細胞に水分が出てしまいます。

静脈血の流れがいいと、あふれ出ることもないし、余分な水分が静脈血管に戻り、しっかり排出されていきます。

 

Q.なんで脚だけむくむのか?

なぜなら、脚の静脈は先から腰へと昇っていく”流れだから。重力に逆らっているので、流れが悪くなりやすいです。当たり前ですが、水は下から上には流れないですよね。

でも、私たちの脚では下から上に血液は流れている。それは、筋肉が血液を押し流してくれているからなんです。縮(ちぢ)んで緩(ゆる)んでの繰り返しで、静脈が流れるのをサポートしています。

そういった働きを、筋ポンプ機能といいますが、脚においては「ふくらはぎ」が筋ポンプとして活躍しています。心臓のように血液を押し流すから、ふくらはぎを「第二の心臓」と呼ぶのです。

ふくらはぎの重要性、少しは感じていただけましたか?

そして、ふくらはぎの筋肉があればあるほど、筋ポンプの力は強くなって血液を力強く流してくれます。「筋肉がついたら脚が太くなっちゃう(*・ω・)」なんておっしゃる方もいらっしゃいます。が、ちょっとやそっとで、そんなにマッチョになりませんので、安心して引き締まった筋肉をつける努力をしてみてください!

もちろん脚の筋トレをするのがいいのですが、なかなか実行できないですよね。。。

なので、お手軽にむくまない脚を目指すために、以下のことを取り入れてみてください。

さっそく屈伸30回やってみよう。できない場合の対処法は?

屈伸運動でしゃがんで戻してをするだけで、ふくらはぎがしっかり動かされます。

『たかが屈伸でしょ。(´Д⊂』

と思った方は、今すぐ30回やってみてください!たった30回の屈伸がしんどくないですか?笑

普段やるうえでは一気に30回やらなくてもOK。仕事のトイレ休憩の合間、駅で電車を待ってる時間などに屈伸を日々の生活に取り入れてみてください\(^o^)/

美脚への道はコツコツと地味な努力が必要です。モデルさんなどは生まれもった骨格もありますが、それ以上にプロとして裏で努力しているのは間違いないでしょう。

『美脚になりたいけど、そこまでがんばりたくない。笑』というワガママなあなた!はこちらをどうぞ↓


セラピストが厳選!!魔法の美脚グッズヽ(´▽`)/

寝ながらできる!もので評価が高いのを厳選してみました。脚まくらってなんだよ。

仕事中でも使える!アイテム

星評価は2018/04/10現在。


とにかく血流をよくすればむくみ解消する

屈伸じゃなくても、とにかく脚の血流がよくなればOKです。

  • 脚を動かす
  • 温める、お風呂に入る
  • マッサージで、足先から太もも方向に血を流してあげる

あとは、リラックス状態(=副交感神経優位)になると、血管が広がって血のめぐりがよくなります。

どうやったら自分の脚がよろこんで元気になるか?を意識してかわいがってあげてみてください。その見返りはきっとあるはず。鶴の恩返しならぬ、脚の恩返し的な。

むくみ解消にはマッサー受けるのが手っ取り早い

毎日自分で屈伸したり、温めたり、自分でマッサージするのが大事ですが、でも、なんといっても、マッサージを受けにいくのがむくみとれます。笑

マッサージは、①気持ちよ~くリラックスできて、②血流が広がった状態になって、③足先から身体の中心にむかって血液を流していくので、むくみとりには効果てきめんです!

ボクも自分で自分の脚をマッサージしますけど、でもやっぱり人にやってもらったほうがスッキリします。ぜひ上手い人のマッサージを受けてみて実感してくださいヽ(・∀・)ノ

 

では!

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です