【仮想通貨の初歩】基本的には「安く仕入れて高く売る」だけ


仮想通貨に手を出してみた結果、仮想通貨特有のむずかしさや売買する取引所で初心者が損しやすいであろう、注意ポイントについて書いてみました。

ボク自身、「億り人」とまではいかなくても、やっぱりお金は増やしたい。

今回の記事は、別にお金なんて増やさなくても不自由ありません。という方にはおもしろくないので読まなくてOK。

あと、仮想通貨を知ってる人にも当たり前なので読まなくてOK。

仮想通貨投資の基本的な作業

仮想通貨と言うと目に見えるものではなくデータとして存在するものです。なのでどうしても分かりづらく怪しいもののように感じてしまいます。

しかしながら仮想通貨をやり取りすることは、スーパーやコンビニが商品を売買すること、メーカーが物を作ってそれを販売することと同じなのではないかと捉えています。

商売も仮想通貨の取引も根本的には、「安く仕入れて高く売る」。これが基本です。

 

スーパーやコンビニは卸さんから商品を出来る限り安く仕入れ、そこに自分たちが儲かるように利益をのせて販売します。

同じくメーカーも原料を安く仕入れてものを作り、原価に価格を上乗せさせてから私たち消費者に販売しています。

では仮想通貨の売り買いはどうでしょうか?

 

スーパーが野菜やジュースを安く仕入れて高く売るのと同じように、仮想通貨の取引をおこなう私たちもまた同じように、安く仮想通貨を仕入れ高く売る。仕組みとしてはたったこれだけの話です。

 

一般的なお金として円・ドル・ユーロ・元・ペソ・リラなど多くの種類があるように、仮想通貨にもたくさんの種類があり、ビットコイン・イーサリアム・リップル・モネロ・ネム、あとは日本発祥の仮想通貨モナなどもあります。モナはネットの掲示板である2ちゃんねるが発祥と言われています。

仮想通貨を売買する「取引所」

仮想通貨には取引所というものがあります。

 

仮想通貨はネット上のものなので、売買する取引所もネット上で口座を開設します。

仮想通貨にもたくさんの種類がありますか、各取引所によって扱っている仮想通貨は異なります。基本的に取引所で扱っている仮想通貨しか買えません。

なのでたくさんの種類の仮想通貨を買うとすれば、たくさん扱っている取引所開設する必要があります。

 

日本で有名な取引所は、ビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどがあります。ローソン、セブンイレブン、ファミマみたいな。

海外にも取引所がありその中でも日本で有名なのはビットレックスという取引所です。ちなみにボクは4つ全ての取引所の口座を開設しています。ちなみに開設は全て無料です。ネット上での登録のみで完了するのでとても簡単です。

さてここからが具体的な買い方売り方の話になっていきます。

商売仮想通貨の根本的な原則、「安く買って高く売る」ために何が大事なのか解説していきます。

 

「安く買う」ことと「高く売る」ことは別の作業になるので別々に紹介していきます。

①仮想通貨を安く買う

まず安く買うために大事なことは【どれくらいの金額なら安い】と判断するのか。

全くもって仮想通貨初心者の方にとっては、例えば今ビットコインが1ビットコイン=60万円と言われて高い安いは分からないですね。

 

なぜならばこれまでのビットコインの価格の動き変動を全く知らないからです。もし高いか安いか、初心者なりに判断するとすれば過去の値動きチャートを見ることです。

ビットコイン チャート

そうすれば今現時点での価格が安いのか高いのかそれとも普通ぐらいか、ある程度感じるところはありますか、正直あてにならないと思った方がいいでしょう。

 

というのも仮想通貨の値動きは、かなり激しいからです。どれぐらいかと言うと

 

今の時点で実際のところ1ビットコインは約64万円となっています。今は最高値を記録して60万円から64万円を推移している状況です。

 

ちなみに1ヶ月前の9月15日は約35万円でした。つまり、この一か月で2倍とまではいかないまでもそれに近い値上がりをしています。

 

またその以前には約50万円から35万円まで一気に下落したこともありました。

 

そういった値動きの激しい仮想通貨の値動き性質なので、初心者レベルで今の価格が安いかどうか判断するのはできないと言ってもいいでしょう

 

ではどうすればいいのか?

 

1円から購入できるのが初心者向け

まず少ない金額で実際に購入して体感してみることです。

bitFlyer ならビットコインを 1 円分(約 0.00000157 BTC)から購入できます。

実際に投資してみて感じるところ学ぶところがたくさんあります。実際に身銭を切ってみることで仮想通貨に対する興味関心が高まる、情報に対するアンテナも敏感になります。

 

ボク自身も全く投資せずに3ヶ月以上チャートを眺めるだけの生活をしていた時期がありましたが、実際に投資を始めてみたことによってより一層情報に対する感度が高まり仮想通貨に対する知識も増えていきました。

ボクははじめ一番有名なビットコインを1万円分購入してみました。そこから情報を仕入れたり調べてみる中で徐々に仮想通貨の可能性を感じ、少しずつ金額を増やして投資を進めていきました。

 

なので仮想通貨に興味をお持ちの方には小さい金額から少しずつはじめてみられることをお勧めします。ビットフライヤー ならビットコインを 1 円から買えます。

「安く仕入れて高く売る」が商売の本質ですが、僕自身このビットコインをはじめとした仮想通貨はまだまだ安値の段階だと考えています。(あくまでもボク自身の見解なのでもし仮想通貨の価値がなくなったとしても騙されたなどと恨まないでくださいね。まあでもその時はあなたも損しているでしょうが、ボクもそれ以上に損をしているので慰めあいましょう)

 

でも少しだけボクが勉強した中で、まだまだ安値だと思う理由をお話しします。

仮想通貨の価額があがると思う理由

なにより「日本でも人口の3%、アメリカでも3%程度の人しか仮想通貨保有していない」ということ。この数値は2017年春頃の数字ですのでもう少し増えているとは思いますがまだまだ仮想通貨保有している人は少ないです

 

物の値段が上がる原則として誰も買わない物の値段は下がって行き、みんなが欲しがる物の値段は高くなっていくということがあります。

 

現時点で仮想通貨において言えば、まだまだみんなが欲しいものという段階ではありません。しかしながら今後は発展途上国を始め先進国においても仮想通貨の可能性、利便性は上がって行き実際に使えるお金として普及していくと考えられています。

 

なぜ発展途上国で仮想通貨が普及するのか?今の実際に使われているお金というのは形だけ見ればペラペラの紙であったり金属を丸くしたものです。日本で偽札偽コインなど偽造するのは難しいですがあまり技術力の高くない国のお金というのはどんどんと偽物がたくさん使われています。

そんな中で仮想通貨はめちゃくちゃ複雑で高度な技術のもとで発行されているものなので偽造できません。

めちゃくちゃ難しくて高度な技術という点で私たちの理解が難しいことはデメリットではありますがめちゃくちゃ難しいということはそれだけ安全で偽物が出回りにくいというところにもつながるのです

先日、facebookの投稿の中でお友達がフィリピンではビットコインのATMがあるのを見かけた、というのを目にしました。確かに治安の悪い地域ではお金を現物として持ち歩くことは大変危険を伴います。そういった観点から行っても形のない仮想通貨は安全性が保たれているといえるのではないでしょうか?

googleで仮想通貨のニュースを検索してみる

以上のようなことからも、今後さらに仮想通貨の価値、価格は上がっていくと考えています。

 

②仮想通貨を高く売る

続いて「高く売る」に関して。

 

買うタイミングも大事ですが売るタイミングもとても大事です

 

仮想通貨全体の価値、価格は上がっていくと考えていますが、いったいどこまで上がるのか。いつ売ればいいのか。

この先も上がっていくであろうとボクは観測していますが、上がったまま置いておいてはただ数字上で儲かっているだけです。あくまでもお金というのは使ってこそ価値の発揮するものです。

 

短期的な視点で言うと仮想通貨の値動きが激しいので、細かく取引をしていけばコツコツと利益を上げることは可能です。

 

時間のある人は画面とにらめっこして上がった下がったをずっと見てればいいですが、僕はそれが嫌なので基本的には一日に1回、2回ほど値動きを見る程度です。

 

僕がオススメするのは将来自分がお金を使うことが分かっているタイミングまで保有して、その時期が来たときに儲かっていれば解約し日本円に換金することです。

お金は使ってなんぼ。数字増えても嬉しいけどただのマネーゲーム。

 

ボク自身は20代後半に入ったところ。周りはどんどん結婚出産というライフイベントを迎えています。自分の人生を考えてみてもそういったイベントに対する資金的な準備として、この仮想通貨の運用資金を置いておこうかと考えたり。

もしそうゆうご縁がないのであれば自分自身で商売をしたり独立したりなど、仕事面でおいてやりたいことをやるための資金として活用できればと思っています。

 

とはいつも長期的な運用だけでは面白くないので、運用金額の10%程度は細々と小さく利益が出た時に売ったり買ったりして小さい利益を出せるように頑張っています。

少しでもお小遣いになれば嬉しいんですよね。

 

ただし、短期的な運用する上で注意しておくべき点があります。(短期じゃなくてもですが)

それは売買時の値段の差。

注意!仮想通貨取引所のトリック

取引所も商売をしていますそのことは忘れないでください。どうやって取引所が儲けているのか。

例えばコインチェックは売るときと買うときの値段の差が大きいです。例えばリップルと言う種類の仮想通貨を買うとします。この時買う値段が30円だったとしたら、同じタイミングで売る場合の値段は26円だったりします。

30円と26円の中間地点である28円がその時の本来のリップルの価格なんですが、販売所は販売する時には利益を乗っけて30円で販売して逆に買い取る時には本来の価格より安い値段で仕入れる、と言うやり方を実践しています。非常にぼったくりです。

 

何も知らなければそういった販売所の思惑通りにはまって利益を上げづらくなってしまいます。

コインチェックさんは非常に操作が簡単で買いやすいのですがそういった点には注意なのです。

 

あくまでもこれはほんの一例です。

ボクも、「うわぁこれはうまいことやられた。」ということが何度もありました。と言っても仮想通貨全体の価格が上がっている状況なので損はしていませんが。

 

じゃあ初心者はどうすればいい?

じゃあどこの仮想通貨取引所で購入すればいいのか。というご質問に対しては、「ボクは先ほど挙げたビットフライヤー・コインチェック・ザイフ・bittrexこの4つすべての仮想通貨取引所を使っている」という回答にとどめておきます。それぞれに特色があるのでどこの取引所がいいとは一概には言えません

 

それじゃあ困るよ。

という声が聞こえてきそうなので、、、

本当の初心者の方が仮想通貨に触れる始めとするのであれば、取引所に関してはビットフライヤーから始めるといいでしょう。そして購入する仮想通貨はビットコインだけでいいでしょう。金額は1円から始められます。

 

取引所に口座を開設した後に銀行口座(ゆうちょ、三井住友、UFJなど)から日本円を振り込みをすれば、その取引所に日本円が入金されます。その後、その日本円を使って仮想通貨を買うという流れになります。

 

後はそのまま置いておくもよし、値段が上がった時に売却して日本円に変えるもよし。

値段の下がることも間違いなくありますがあまり落ち込まず値段の上下が激しいものなのでまた上がってくることを待つのがいいでしょう。

 

値動きの参考として画像を下に添付します。上から、8月中旬、9月中旬、10月中旬のビットコインの値段。8月ごろから本格的に仮想通貨を投資してたので、9月の大暴落には焦りましたがなんとか持ちこたえて最初よりもずいぶん上昇しています。今はね。

仮想通貨を始めるなら口座開設が必要

初心者が口座開設するのにオススメな取引所を、下の記事で紹介してます。これ読んで登録しとけばスタートとしては間違いなし。

【仮想通貨のはじめ方】まず必要なのは取引所に口座を開設すること。

 







6 件のコメント

  • 仮想通貨の事を調べていてこの記事と出会いました。
    シンプルかつ簡潔に仮想通貨を説明されており、興味深い記事でした。
    投資はあまり向いていないタイプなので、コツコツとマイニングに参入しようと思いますが、
    これからマイニングを始めてもある程度の収入を得られるでしょうか?
    著者さんが思われる、マイニングに向いているアルトコインとその理由を教えていただけると有難いです。

    • ひろさん、コメントありがとうございます!
      お褒めいただき恐縮です!めっちゃ嬉しいです!

      さて、マイニングについては詳しくないので、代わりにマイニングをがっつりされている方の記事をご紹介するにとどめておきます!参考になれば幸いです!!

      まだまだ可能性あるので楽しみですね(^○^)
      【ご紹介記事⏬】
      https://wewantbit.club/bitclub/

  • マイニングは専門外との事で失礼しました。
    ではご専門の投資に関する事で一つ御教授頂きたいのですが、
    この記事の中にもビットコイン以外のアルトコインが幾つか登場していますが、
    このうち値動きにおいてビットコインとの相関性が特に低い物と、
    著者さんが思われるその理由を教えてください!

    • 相関が低い=「ビットコインの値動きに影響を受けない」という意味合いと認識しましたが、
      自分が保有してるアルトコインはどれもビットコインとの相関は低いです。というか、むしろ逆相関してるようなイメージです。
      ビットコインがあがったときに、アルトはさがる、みたいな。

  • 逆相関ですか。

    この記事で取り上げられたアルトコインとしては
    イーサリアム、リップル、モネロ、ネムが有りますが、
    これらは総じて9月20日前後に安値を低迷し、
    10月12日頃から極端に高騰する値動きをしていますので、
    これらは一般的には相関が高いと思っておりました。
    (モネロとネムは9月28日頃に瞬間的に高騰したタイミングがあったようですが)
    仮想通貨の世界ではこの程度でも逆相関と見なすのでしょうか。
    私も、資産運用のためこの二週間ほどで
    仮想通貨を学んでいる物ですからなにぶん不勉強で、
    色々と質問ばかり申し訳ありません。
    どうぞ御知見を御教授ください。

    • すごい勉強されてるんですね!!
      ボクはやりながら学ぶスタイルなので、ひろさんの方が理論的な知識はすでにお持ちでいらっしゃるような。笑

      ボクはそこまで理詰めで行ってないので、理論派の方に話を聞いてみてください!

  • ひろ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です