(奈良)サカナクション『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1 ch』


こんばんは。サカナクションのファン歴3年目のナカノケンジです。

sakanaquarium2017参戦

「SAKANAQUARIUM 2017 10thANNIVERSARY ArenaSession 6.1ch Sound Around」、サカナクションの10周年記念ライブ。9月30日と10月1日の千葉・幕張メッセ国際展示場ホール、10月17日と18日の大阪城ホールの4公演。

ボクは10.17の大阪城ホールのライブに参戦してきました。

10.17の大阪城ホールへ

自分は写真を撮らなかったので、どこかのサカナファン仲間であろう方のTwitterを引用させていただきます。うん、こんな感じでした。

ちなみに初めてサカナクションを見た、2年前のライブも大阪城ホールでした。それ以来サカナクションのファンとなり、何度かライブ参戦しています。

大赤字の6.1ch Sound Around

今回の6.1チャンネルサウンドということで通常は2チャンネルといって、前方ステージの左右にあるスピーカーの2つしかないそうですが。

今回は前の2つと左右さらには後ろを含めた360度からの音を感じることができ、非常に立体感のあるサウンドが楽しめるという、サカナクションこだわりのセッティングでした。

この説明は途中のMCで山口一郎さんが話していましたが、非常にお金がかかるらしく全席完売したのに赤字なんだそう。サカナクション、とんでもねえな。

sakanaquarium2017プラチナム席の感想

今回この6.1チャンネルサウンドを思う存分味わうための席が、ファンクラブ会員の先行販売限定でプラチナム席として用意されていて、幸運にも当選したのでたっぷり楽しんできました。6.1チャンネルの感想ですが、非常に臨場感のある音楽を楽しむことができました。

2チャンネルの音と比較するとどうだったのかはっきりと分からないけど、どことなく違うなということはわかりました。笑

サカナクションのそういう細かなこだわりをもった演出は、やっぱり素敵だなと感じました。今回も音楽以外の演出、光の演出や映像の演出がいつもながらにすばらしかった。ライブを音楽だけではなく、総合的な演出をして、その世界観を形にできるところが、やはりサカナクションがファンを惹きつけるところ。

sakanaquarium2017セットリスト

セットリストは他のサイトから引っ張ってきた。これであってるはず。

  1. 新宝島
  2. M
  3. アルクアラウンド
  4. 夜の踊り子
  5. Aoi
  6. シーラカンスと僕
  7. ユリイカ
  8. ボイル
  9. 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
  10. 夜の東側
  11. 三日月サンセット
  12. SORATO
  13. ミュージック
  14. アイデンティティ
  15. 多分、風。
  16. ナイトフィッシングイズグッド

アンコール:

  1. サンプル
  2. ネイティブダンサー
  3. (新曲)
  4. 目が明く藍色

今回のセットリスト。新宝島から始まり、全体的にファンの間では親しみのあるセットリストになっていたのではないでしょうか。前半盛り上げて途中で静かなモードに入り最後また盛り上げる。あまり驚きがないという意味ではそうかもしれませんが、安定感のある構成でした。

「山口人形」ダンスがおもしろかった!

個人的に、今回のライブで一番面白かったのは、

『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』の演出。4体の山口の分身「山口人形」によるダンス。お人形さんとダンサーさんがつながっていて踊ってお人形さんが動く、うまく説明するのが難しいですが。PV見てもらったほうが早い(笑)

 

「さすがサカナクション!おもしろことすんな~」と思わず唸ってしまう演出でした。

チームサカナクションを大切にする姿勢に感動

あとさらに感動したのはサカナクションがチームサカナクションとして、ただのバンドではなく、チームとしてこのライブを完成させているというメッセージを強く打ち出している点。

裏方で音や光の演出をしているスタッフさん達をスクリーンに映して紹介したり、アンコール終了後の映像で、映画が終わったあとのクレジットのようにそれぞれのメンバーの名前に加えて関わったスタッフの方々の名前を流されていました。メイクさんに、運搬の方々のクレジットも載っていました。ういった演出を見たのは今まで参加したライブで初めてでした。

そのクレジットを見て、これだけのライブを作るためにどれだけ多くの人々が動いているのか、というところも実感でき、感慨深いものがありました。スタッフの方々からしてもそういった自分の名前が出たり、自分の姿がスクリーンに映ったりすることが非常に嬉しいことでしょう。

サカナクションというバンドは山口一郎さんの圧倒的なカリスマ性と音楽性によって成り立っているように見えますが(というかそれは事実なのだろう)、それを支える他4人のメンバー裏方のスタッフさんの存在も非常に大きいんだと山口さんにとっても大切な存在なのだとそう感じているんだなとめちゃくちゃ伝わってきて、強いチーム愛を感じました。

サカナクションのMCはやっぱり。。。

今回もMCが今いつも通り、おもしろいとは言えないものでしたがそれはそれでサカナクションらしいなぁという。

ファンの視点からひいきめに見ても、おもしろくない。笑

MC力がなくてもこれだけライブに集まる集客力があるというところはやはりその音楽性音楽自体の魅力、演出が非常に優れているからでしょう

サカナクションのファンの質が全体的にいい

サカナクションファン(魚民)に感じるところですが常識のある人達が多い。

サカナクションの音楽は、クラブミュージック的なノリのいい踊れる音楽も多いけれど、ちょうどいいレベルに楽しんでいる人たちが多く、めちゃくちゃに暴れたり、マナーが悪かったりということがないところに非常に好感が持てます。

年齢層も幅広くて今回ボクの隣の人たちはおそらく40代半ばぐらい、前回もそういった年齢層の方が多く見受けられました。もちろんボクのような20代の方も多く、幅の広さが特徴的。あとは一人でライブに来る人も多いように感じます。どちらかと言うとウェイウェイ系よりも少し闇を持った暗め、まじめな人たちが傾向として多い気がしています。隣のおっちゃん、はんぱなく踊ってたけど。まじめな人がハメ外したときのこわさよ。とはいえ、簡単に言えば安全な人が多いので今回もいつも通り楽しく自分のペースでライブを楽しむことができました。

MCの中で新しいアルバムを次の春2018年春頃に出したいな、という話があったのでそちらも楽しみ。

sakanaquarium2017グッズもゲットした

今回もファンクラブの抽選プレゼントがありました。残念ながらB賞のライブステッカーがあたりました。S賞はブロマイド写真サイン付きが、A賞はTシャツかな?がもらえたよう。それと、ファンクラブ全員がもらえるピック型キーホルダーをゲットしました。ライブステッカーはPCに、キーホルダーはリュックサックにつけました。

「蓮の花」を聴かせてほしい

次のライブがいつになるかわからないけれど、今度のライブではぜひ「蓮の花」をもう一度聞きたい!2年前のライブで初めて生で見て聴いたとき、ハマってしまったけど、、、それ以降参加したライブでは演奏しておらず、聴きたい欲でいっぱい。

今日のライブでも、「アイデンティティがなーい」と今回も大盛り上がりでしたが、歌と同じようにアイデンティティを喪失していた時期を乗り換えた今だからこそこの音楽も楽しめるし、当時はこんな自分だったなーというのを思い返しながら懐かしみながら聴いていました。

これからもサカナクションとともに。

サカナクションのファンになって2年ちょっとだけど、これからもサカナクションを応援するとともにサカナクションの音楽を楽しんでいきます。10周年のサカナクションでまだ2年ほどしかサカナクションに深く触れてはいませんが、これからもサカナクションと共に人生楽しんでいきたい!

 

SAKANAQUARIUM2017 全国ホールツアー17会場20公演、SAKANAQUARIUM2017としては、ここまでで24会場32公演が終了しました! 各会場、ご来場いただいだ皆さま、ありがとうございました!! ツアーは更に幕張メッセ・大阪城ホールの6.1chサラウンド公演へと続きます。夏にはフェスへの出演もあるので、引き続きライブにお越しください! #sakanaquarium2017

sakanactionさん(@sakanaction_jp)がシェアした投稿 –







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です