【写真有※4月のケベックシティ】冬観光もよし。残雪がきれいで絶景。


2018年4月初旬、カナダの東部にある、北米のパリ・リトルフランスと知られる「モントリオール・ケベックシティ」に観光行ってきました。こちらはケベックシティの観光・雰囲気をお伝えします。

4月のケベックシティ観光レポート

日本のガイドブックでは「半日でまわれる」観光地と書いてありましたが、実際に半日で終わってしまい、時間を持て余してしまいました。とはいえ建物を眺めているだけでもすてきですよ。

北米のパリや、リトルフランスといわれるだけあって、古いながらも味わい深いおしゃれな建物がたくさん立ち並んでいました。写真を随時添付していきますので、雰囲気を味わいながら読んでみてください。

 

雪の白さと建物のレトロ感が相まって、とてもきれいでした。4月になっても気温がマイナス下回っているのでめちゃくちゃ寒かったです。

観光するメインどころは坂道が多いので歩きやすい靴で行くのがベスト。冬ならなおのこと靴じゃないと厳しいです。歩道のうえにも雪が残っていたりしてるので、もし可能なのであれば厚底の靴やブーツでいくといいです。ボクはふつうのスニーカーでいきましたが、雪の積もった広場を歩いたのでびしょぬれになりながら歩きました。

2018年4月ケベックシティの気温

今年2018年4月は例年に比べて、カナダ東部がかなり冷え込みが続いており、ケベックシティももれなく冬が続いているような天候でした。ぼくが訪れた日は-10℃でした。例年は4月だともっと温かくなっているそうなので天気を確認してみてください。

ちなみに、ジュースを服にこぼしたのですが、ほんの数秒で凍ってました。バナナは凍りませんでしたが。笑

ケベックシティへのアクセス

ボクはトロントに滞在しているので、モントリオール観光のついでに行ってきました。トロントからはバスや電車だと約8時間、モントリオールからケベックシティまでは電車かバスで2時間といったところです。

飛行機だともっと早いです。値段は、飛行機>電車>バスが基本です。

二つの言葉の町モントリオール―カナダ・ケベック文化紀行

ケベックシティでオススメなこと

カナダですが、完全にフランス語圏なので街の表示はすべてフランス語です。ちょっと不思議な感覚になります。あと、日本人にはまったく読めないです。人々は英語話せる人が多いので、まず問題はないでしょう。

夏場はあったかくて緑がきれいで観光ピークでたくさんの人でごったかえすそうです。きっと夏場のほうが楽しめるとは思います。冬は寒すぎて日本人には不快です。現地の人も「夏が待ち遠しい」っていってました。

冬のアブラハムの平原Plaines d’Abraham

坂を登りきったところに大きな広場(ジャンヌ・ダルク広場、アブラハムの平原)があるんですが、雪が積もりに積もっていて、雪山トレッキングでトリーニングしてる人しかいなくって、大雪山ってかんじで気持ちよかったです。

雪があんまりにもふっかふかだったので、思わずダイブして埋もれてしまいました。なんか中途半端な人型ですが笑

鳥ちゃんも寒さのあまり、まばたきもせず、ただただじっとしていました。かわゆす。

この顔から、マイナス10℃の寒さを感じてもらえたら。このときピークに寒い時間帯でした。

海沿いのエリア(lace des Canotiers)

トロントで大学の教授をしているというおっちゃんに街中で話しかけられて、景色のいいところにつれていってもらった。カナディアンって基本的にほんとフレンドリーですね。気さくに話ししてくれます。嬉しい。

出会ったおじさんと、小一時間ほど一緒にいて、トレーニングしてる話とか聞かされました。

写真、指入ってますね。゚これでおっちゃんのこと、忘れないよ。

ケベックシティ名物の、シャトー・フロンテナックFairmont Le Château Frontenacもしっかり見えてめっちゃきれいでした。写真で背後に大きく写っているお城。あれホテルです。

ケベックシティは海沿いの街なので冬はよけい寒くなるみたいです。この写真みたいにより海に近いところにいくとめちゃくちゃ風が強くって、泣きそうでした。夏は、たぶん、気持ちいい。

サン・ルイ門(Porte St. Rouis)

こちらも、観光ブックには載っている有名な門。シンプルだけど、美しいですね。

旧市街のフニクレールFuniculaire du Vieux-Québec

ここが一番のメインどころになりますね。一番雰囲気がいいところです。細い通りですがおしゃれで女子が好きそうな建物でした。その周辺のエリアも一緒にはっておきます。

歩道に雪がガンガン残っていますね。バスも走ってはいますが、行き先や乗り方がよくわからないのと、歩いても十分まわれる範囲なので、バスや電車の最寄駅からはとにかく徒歩でまわりましょう。

ケベックシティはそこまでお店や食べ物屋が多くなかったです。小さい街なので食べるところも限られてくるかと。あくまでも景色、景観を楽しむ場所です。

ノートルダム大聖堂La Basilique-Cathédrale Notre-Dame de Québecは、観光ブックにでかでかと載っていますが、別にたいしたことないです。なんでなんだあれは。

とにかく寒かったのはともかく、景色はよかったです。カナダの東部(トロント、オタワ、モントリオールなど)に来た時にはぜひ足を運んでみてください。

二つの言葉の町モントリオール―カナダ・ケベック文化紀行







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です