カナダの2大名物料理【プティーン】【スモークミート】を食べてみた。


カナダは多文化主義の国であり、世界各国の文化がごちゃまぜに存在している国です。なので「カナダにしかない名物料理」というのがほとんどありません。

そんななか、カナダのモントリオールにて、カナダ唯一、いや、唯二の名物料理である、「プティーン」と「スモークミート」を食べてきたのでご紹介します。

カナダ名物料理その1「プティーン」

フライドポテトにグレイビーソースとチーズがかかった食べ物です。あとはトッピングで肉やきのこなどを混ぜることができます。

いろいろトッピングを選べたのですが、いったい何がおいしいのかわからなかったので、店員さんのオススメを食べてみました。それが上の写真のプティーン。

プティーンは見た目を裏切らないこってりしたお味です。グレイビーソースというのは「肉類をオーブンなどで焼いたときに出る肉汁をそのまま、またはワイン・ブイヨンなどを加えて煮詰め、塩・こしょうなどで味を調えたもの」です。つまり、肉汁でできたソース。濃いです。

  • フライドポテト-重い
  • グレービーソース-濃い
  • チーズ-濃い

すべてがヘビーです。ランチにいって全部食べましたけど、夜ご飯食べませんでした。あまりに気持ち悪くて。笑

レギュラーサイズ頼んだのですが、レギュラーサイズを2-3人でつまむのが一番かしこいです。ひとりで食べるにはきつすぎる。おいしいんですけどね。

味は見た目どおりです。運ばれてきたあとの見た目での想像の味と、実際の味がずれなかったです。ボクはプティーンビルという専門店のお店で食べましたが、いろいろなところで食べられるのでチャレンジしてみてください!

2回目はいらないかな。笑

カナダ名物料理その2「スモークミート」

その2は「スモークミート」です。写真にあるとおり、サンドイッチにして食べるのがポピュラーのようです。名前のとおり、スモーク燻製されたお肉で、薄切りにカットされています。お肉はすごくやわらかいです。

日本人にとっては、スモークミートは好き嫌いがわかれる料理でしょう。ぼくは好きじゃないです。笑

燻製のにおいがかなりキツく、口いっぱいにかおりが広がります。お酒好きな人は、いいアテになるんじゃないかと勝手に想像しました。

カナダ名物究極の融合「スモークミート入りのプティーン」

はい、どうやら「スモークミート」と「プティーン」のミックスもあるそうです。究極にこってりです。想像するだけで、胸焼けがします。

モントリオールのときに利用した、Airbnbのホストが『バーに行ったあと、深夜3時に食べるスモークミート入りのプティーンがたまらないぜ』って教えてくれたんですが、とても食べる気にはならなかったです。

というか深夜まで遊ばないし。こちらの人は本当に深夜まで遊んでいる人が多いと感じました。別の宿でも深夜2-3時にやかましく話して帰ってきていましたし。

 

ボクはチャレンジできなかったので、一回で同時にカナダ名物を楽しめる「スモークミート入りのプティーン」、ぜひ試してみてください!!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です