モントリオールの【オリンピックドーム周辺】の観光スポット紹介。


モントリオールはかつて1976年に、夏季オリンピックが行われた場所です。この大会で、体操のコマネチ選手が史上初となる10点満点を連発したことで有名です。

wikipediaより)当初の予算は3億2000万ドルの予算でスタートしたが、オイルショックが発端になった物価高騰で最終的には約13億ドルにも達した。そのため、膨大な赤字を計上し、モントリオール市ではその後何十年ものあいだ、返済のために税金が使われることとなった。

モントリオールオリンピック会場の場所

モントリオールの中心から北へと電車を走らせると「Pie-IX」という駅に到着します。そこから歩いてすぐにモントリオールオリンピック会場がありました。

 

冬の時期ということもあって、あまり人はいなかったです。オリンピックから40年以上経っている現在でも、スポーツ施設として使われていたり、周辺に施設があります。しかし、お世辞にも栄えているとは言えないような。

広場には4月にも関わらずたくさんの雪が残っていました。

モントリオール昆虫館にいってみた

すぐ近くにモントリオール昆虫館と、あとに記載する植物園がありました。虫が苦手な人はすーっと流して見てください。蝶々がたくさんいました。

 

下の写真はぱっと見きれいですが、虫の集まりです。羽が光っているんですね。

よく見てみると、虫が隠れています。緑色に変化させてわからなくなっています。

これは蝶蝶が集まりすぎて、わけがわからない状態になっています。

この虫、でかすぎます。なんなんだこいつ。木の枝かと思って、しばらくどこに虫がおるのか気付かなかったです。

もっとえぐい虫やでかい蜘蛛がいたのですが、写真を撮る気になれず。小さい子がたくさんいておもしろがっていました。社会見学にいいかもしれません。

モントリオール植物園

このモントリオール植物園は、世界各国の植物が植えられています。ちょうど蝶々フェスティバルみたいなイベントをやっていて、蝶々が1000匹以上飛んでいる部屋が用意されていました。

バナナの木。この下のぶらさがっている大きいのはなんだろう。

蝶々ルームの様子

蝶々というか、蛾のようなのも飛んでいました。青色の蝶々が一番きれいでしたが、飛び回っているので写真にとれず。

モントリオールで時間が余ったらオリンピックドームへ

植物園からでて、駅に向かう道中にオリンピックっぽいスポットがありました。ひとりなのでお立ち台で写真とれず。このオリンピックドーム周辺はめっちゃおすすめというスポットではないですね。モントリオールで観光するところがなくなったら、来るといいかもしれません。というレベルです。

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です