美しきモントリオールでマリファナ、社会問題に出会った。


寒さの残る4月初旬。カナダのトロントから、カナダ第2の街モントリオールに4泊5日の観光にいってきました。モントリオールのあるケベック州は、フランス語圏の中心地。英語を話せるバイリンガルも多いですが、街の標識や文字、日常会話はフランス語でなされています。

バスでモントリオールのおばちゃんと友達に

4泊5日の旅でしたが、「北米のパリ」ともよばれる美しい街なみを楽しむとともに、この街モントリオールにひそむ社会問題、ドラッグを現地の人から話を聞くことができました。

同じカナダという国でも、トロントからモントリオールまで、バスで6時間かかります。

隣の席の人が、モントリオールに住む50代くらいのおばちゃんだったのですが、ずっとしゃべってくれる人で観光スポットや文化的な話、薬やホームレスの話など、幅広くカナダと都市モントリオールについて知ることができました。

 

モントリオールについておばちゃんがボクに教えてくれたことを、まとめていきます。

トロントとモントリオールの関係性

バスで6時間半。けつにやさしくない。ぼくが行った日はたまたま連休の最終日でいつもより3倍の値段だったそう。やられた!!

それでも片道$70。モントリオールの若者はトロントにショッピングしに出ていくらしく、たしかにバスは学生がたくさんいました。

 

モントリオールのあるケベック州はフランス語圏なので、フランス語ネイティブで英語もできる。英語を身に付けないと、「この小さい街で一生過ごしな」ってかんじらしい。

なので、トロントのcollegeに行って英語学んでから、モントリオールのuniversityにいくそう。物価はモントリオールのほうがいくぶん安いらしいですが、個人的には違いをかんじません。

モントリオールの観光、街の設備

モントリオールの冬は、めちゃめちゃ雪降るし、寒いから地下施設が発達している。最低気温ー20℃はふつうらしい。

5月から暖かくなるので、街や人々に活気が出てくるようです。3月は全然人いませんでした。逆にいいところは静かに観光できる。モントリオールは夏が人気らしい。あたたかいというかあついといってました。30℃は超えます。

 

また、中国人街があってそこそこ中国人がいるらしい。英語圏のカナダという国の、フランス語圏のモントリオールの、中国人街で漢字を見る。いったいここはどこなのだ、という気持ちになりました。

モントリオールとマリファナ

モントリオールのAirbnbでマリファナに出会いました。誘われたが吸いませんでした。匂いは悪くないです。たばこより全然いいにおいでした。

今年の7月にカナダ全土でマリファナが合法になるみたいで、トロントの街でもときたまマリファナの香りがただよっています。フランスやイタリアなど、他の国の人も吸ったことあるといってたので、日本くらい厳しいのは逆に珍しいのかもしれない。

モントリオールの結婚、高齢化問題

ケベック州は出産、育児諸手当が手厚く、教育費も安いんだそう。

というのも、日本と同じく高齢化が進んでおり、州の方針としては人口ピラミッドの改善をしたいようだが、モントリオールのネイティブは結婚したがらない文化だそう。

モントリオールに移住してきた移民は結婚する、けど、その半分は離婚するんだそう。結婚て続けるのは難しいんですね。

そんなこんなで、政府は高齢化歯止めの施策を頑張っているけれどうまく稼働していないようです。

日本人は将来不安やお金といったところで、結婚しなかったり子どもを産まなかったりするかと思うけど、ケベックでは彼らのパーソナリティ的に自由や身軽さを求めているような気がしたし、そんなことを語っていました。

病院にただで行けてしまう

モントリオールでは病院にただでいけると言ってました。条件があるのかもしれないけど。

病院に簡単に行けてしまうので、そのせいで薬漬けの人がたくさんいるんだそう。

おばちゃんは、「日本みたいにお金とるほうがいいよね」って言ってました。あまりに気軽に病院へと行きすぎるって。たしかに病院に頼りすぎてしまうのかもしれない。

日本人だったら少しの熱ならほっておいて治そうとするもんね。

 

ここからはモントリオールに住む、Airbnbのおにいさんから、話を聞いたことをまとめました。みなさん、お話好きで楽しかったです。

モントリオールのストリップバー

ストリップバーがポピュラーな夜遊びらしいです。

$10払えば個室で1曲流す間お触りもOKだそう。かわいい娘のお店はお値段高く、$50するらしいです。行ってみたかったですが、翌朝早かったので断りました。(それでも寝坊した笑)

モントリオール名物は、プティーンとスモークミート

プティーンは、ポテトフライにチーズやグレイビーソース、マッシュルームや’お肉’を混ぜて食べる料理。

スモークミートは、そのとおり肉の薫製。薄切りスライスされてる。肉はやらかい、かなりスモーキー。ぼくは好きじゃない味でした。癖がすごい。

 

そして、なんと、そのミックスした、「スモークミートプティーン」がso amazingだそうです。ストリップバーで夜遊びして3AMに食べるプティーンがヤヴァイっつってた。身体にやばいわ。って感じですね。

 

モントリオールは夏に行くことをおすすめします

3月終わりに行きましたが、最高気温5℃でした。観光するには少ししんどかったです。

5~8月が夏のシーズンになるので、この時期のモントリオール観光は最高でしょう。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です