彼氏彼女はすぐできる。恋愛への「恐怖ブロック」を解除して!


今回は「恋愛・結婚」と「メンタルブロック」の関係について。

「恋愛したい」「結婚相手を見つけたい」といいながら、自分の本心はびびってない?

本気で彼氏・彼女ほしいの?結婚したいの?

恋活・婚活が口だけになってたり、イベントやコンパに参加してても成果がなかったり中身が薄っぺらかったりしてませんか?

自分の恋愛におけるメンタルブロックを例にとってみます。

2016年秋にフラれてからどことなく自分のなかに恋愛に対するメンタルブロックが働いてたように感じてました。見て見ぬふりをして恋活してみたけど全然うまくいかなくって。

そこで、どういう想い(ブロック)が自分のなかにあるのか洞察してみたのです。

 

大きくは以下の3つでした。

  • 恋愛への恐怖心=「前回みたいにフラれて傷つくのが恐い」
  • 自由が失われる束縛感=「ひとりで気ままにしてるのが楽しい」
  • 元カノへの罪悪感=「昔浮気してフッた元カノがいまだフリーなのに自分が先に幸せになってはいけない」

こうした3つの要因が、無意識的に自らを恋愛から遠ざけていたことに気付きました。

 

特に自分のなかでは、3つめの”元カノへの罪悪感”が一番強かったのですが、先月おめでたい連絡が来て、別れて以来1年半ぶりに彼氏ができたそうですヽ(;▽;)ノ

5年以上も付き合ったのに浮気して裏切った(たぶん向こうは気づいてない…)という事実は変わらないけど、無事に別のパートナーができたということで、罪悪感がずいぶんと拭えました。そしておかげで、また新しく一歩踏み出してみようかと思えたのです。

「なんて自分勝手なクソ野郎だ!」というお叱りの声が聞こえてきそうです・・・でも、それが本心だからしょうがない。

自分の気持ち、見て見ぬふりしてない?

「彼氏がほしい!」「結婚したい!」という声はくさるほど聞くのだけれど、

・恋愛に対する自信のなさ

・ひとりじゃなくなることで失うもの

・周りの声に流されているだけ 

婚活のように意識的に相手を探す場合は、そういうものに気付かないようにふたをしたまま活動してもうまくいかないと思うのです。無意識の力には勝てない。

だって人間は無意識が98%程度、意識的にコントロールできるのはわずか数%しかない。

だから、無意識が恐れをなして行動にブレーキを掛けてしまいます。

 

「頑張ってるのにいい人に全然出会えない。」

「悪い人ではなさそうだけど、なんだかときめかない。」

そんなふうに無意識的にうまくいかなくなるような言い訳をしてることが多いかも。そんなことが続いていたら、自分の本心に目をそらさず勇気を出してみて。

自分の本心を、しっかりと観察してあげて。

自分がほんとうに恋愛を望んでいるのか、幸せになるイメージができるのか。うそいつわりなく、自分を見つめてみてほしいのです。

親の願望や社会的な風潮やひとの目はどうしても気になるし、結婚せなあかんと思わされることもあるけど、

そういうのを抜きにしたとしても恋愛や結婚をしたいと思えるのが必要。

全てを受け入れたとき、恋路は開ける。

結婚することによって失うことや怖いことも頭のなかで理解した上で、そのうえで結婚したい欲が上回れば自然と活動が活発になる。

人間やりたいことや好きなことには自然とパワーがでるしエネルギッシュになる。

 

ボクは一番のメンタルブロックだった「元カノへの罪悪感」が解放され、ようやくこれから本格始動できそうです。

フリーでも今は全然満ち足りた生活なんだけれど、やっぱり好きな人と生活を共有できるほうが楽しいよなって思いますね!

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です