(岡山)神庭の滝【日本の滝百選】マイナスイオンが最高。


自然のにおいが大好き、岡山県真庭市の『神庭の滝』が最高にネイチャーあふれる、気持ちのスッキリさせてくれる、すてきな滝だったのでご紹介!

岡山の誇る名滝「神庭の滝」へ

岡山県真庭市神庭640にある、神庭の滝。とにかく自然を感じたかった我々一行。笑

黒光りのする岩盤と純白の水しぶきが神秘的である。国の名勝地、県立自然公園に指定され特に新緑と紅葉が美しいと、じゃらんに書いてあるが、まさに、水しぶきが最高、というか、水しぶきどころか大雨じゃねえかという。

というのも、台風21号(大阪府堺市堺区や奈良県三郷町では、大和川が氾濫した)が関西を通過した翌日に行きました。よって、増水の増水で滝の勢いが「ハンパなかった」です。ある意味最高のタイミングで、最高のポテンシャルを放っている神庭の滝を楽しめたかもしれない。

「日本の滝百選」の神庭の滝

神庭の実際に観光してみて、感じた、神庭の滝のステキさを写真や動画で感じてもらって、ぜひとも神庭の滝をみなさんにも脚を運んでいただき感じてもらいたい!

神庭の滝は「日本の滝百選」にも選ばれた、高さ110m、幅20mの中国地方随一のスケールを誇る名瀑です。断崖絶壁を流れ落ちる滝の豪快さはいうまでもなく、まるで白布をまとったようにも見える水しぶきは神秘的な美しさです。との真庭市の説明がありました。http://www.city.maniwa.lg.jp/webapps/www/info/detail_2.jsp?id=3000

神庭の滝で感じられるもの

  • 滝から森から降り注ぐマイナスイオン
  • 滝が降り落ちることによって発生する自然な風
  • 鼻から悪いものが抜けていくような感覚
  • 滝の轟音が邪念を振り落としてくれる
  • 自然の音、景色、風、におい、五感が透きとおる

なんしか、とにかくネイチャー感があふれ出ていて最高なんです。動画をアップしておきます。

神庭の滝観光の所要時間

ボクたちの場合は、20~40代のメンバーでしたが、往復で30分くらいでした。滝の近くで写真撮ったり動画撮ったりしたのですが、滝の勢いがよすぎてビッショビショになってしまったのでさっさと引き返しました。笑

もうすこしコンディションがよければ1時間くらいはゆっくりして、マイナスイオンを取り込みまくりたかったですね。最高に気持ちがいいので長くいれますよ。

サクッと見て観光したい人においても、30分弱で往復できそうです。滝までの道中もアップダウンは少なく、全然しんどくなくって大変な道じゃないです。手軽に観光できて自然をしっかりたっぷり感じられるのも神庭の滝のいいところかもしれません。

 

神庭の滝で必要な持ち物

滝まで最接近すると、まるで大雨かのような状態になります。滝の勢いがよすぎて水しぶきが雨のようになってしまってました。

  • かっぱ(傘は風あるからこわいかも)
  • タオル
  • カメラ

があれば、よりいっそう神庭の滝を長く楽しく満喫できるのではないでしょうか。

ボクらはそんなにびしょぬれなスポットだとは知らなかったので、えらいめに遭いました。そして、ひとり風邪ひきました。笑

神庭の滝に猿がいる季節

神庭の滝には野生の猿が約180匹生息しているのです。

ボクらもお猿さんがいるかと期待したのですが、1匹もいませんでした。自然のお猿さんが見られる季節があるんですね。。。

そこで、「いつならお猿さんが見れるのか?」を入口のスタッフさんに訪ねてみました。

どうやら、夏場や冬場にはお猿さんは出てくるようです。なぜかというと、夏場や冬場は山に食料がなくって人里に下りてくるそうです。ボクらが行った秋の季節や春の季節はお猿さんは山の食べ物に夢中で神庭の滝には現れないそうです。

真庭市のページにも、「野いちごや木の実が多い時期は山で過ごすため、公園内に猿がいない日もあります。」って書いてあったよ。

なのでくそあっつい7,8月やくそ寒い1,2月がチャンスみたいですよ。冬景色とお猿さんの相性はよさそうですね。次は冬の神庭の滝に行ってみたいなあ。

神庭の滝へのアクセスなど

入園料は大人300円、小中学生は150円。午前8時30分~午後5時15分(年末年始は休園)だそう。駐車場は無料でしたよ!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です