5万円以下ではじめる!米国株の投資にチャレンジ!


日本の株に投資するのがいいのか?アメリカの株に投資するのがいいのか?

まずは5万円から米国株投資にチャレンジしよう!ということで、まずは米国株について調べてみました。そのなかでわかった、日本株投資と米国株投資の違いについて、わかりやすいところから違いを書いてみます。

1.購入できる単位が違う。日本株は100株から購入、米国株は1株から購入できる

手持ち5万円となると日本株で購入できる株が正直限られていました。100株が最小単位なので100円の株があった場合、「100円×100株=10,000円」が最低でも必要になります。

日本株では1株500円以下の株は少なく、選択肢がかなり限られていました。有名どころの会社の株はなかったです。。

一方、米国株は1株から買えるので、1株100ドル(約1万円)のものだと有名優良株も購入できます。

例えばP&Gは119ドル、アップルは206ドル、コカ・コーラは54ドルでした。

ちょっと見てみるだけでも5万円以下で複数の会社の株が買えそうでした。この時点ですでに、選ぶ楽しみが全然違うなと感じました。

2.過去30年から見ても、米国株のほうが上昇する期待ができる

過去の実績を見てみると、日経平均とNYダウの伸び方の差はあきらかです。

日本(日経平均)は、1990年の23000円の時代から全然伸びてないというか下がっちゃっている時代がほとんどでした。
一方の米国(NYダウ)は、1990年の2600ドルから8-9倍くらいまで上昇しています。

この結果から、どんな素人でも「米国株のほうが値上がりしそう!」と期待がもてますよね。ということで自分は日本株ではなく米国株に投資してみようと感じたわけです。

米国株で高配当を狙うなら、この本で知識をゲット。

米国株は日本株よりも配当が大きいものが多いです。配当でもらえるお金を増やしたい人は、まずこのバカでも稼げる「米国株」高配当投資 /ぱる出版/バフェット太郎を読んでみましょう。ネットの評判も高い本書は入門としておすすめできそうです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です