ブログの書き方①テクニック編~型を作ってあてはめよう~


>>人は話すことによって、自分の考えがまとまっていくと言いますが、

ブログで考えを言語化させるのもまたひとつです。

誰かに相談できないような問題、環境の場合は、

ブログという形じゃなくとも、文章にして書きなぐってみると違う視点が見えてくるかもしれません。

>>>

さて、

ブログ初心者による、初心者のための、ブログの書き方講座その1。

書くテクニックについて、ご説明します。

 

ブログの書き方講座1 流れのテクニック編

今まで通算10万字ほどブログを書いてきたのですが、基本的にこういう流れで文章を書いています。


 

テーマに合わせて3段落つくろう

まずテーマは自分の興味のあること、最近感じたこと、嬉しかったことでも。なんでも。

 

テーマが決まったら、それにあわせて、以下の<上><中><下>を書いていきます。

 

直感型の人は説明読まなくても、各章の具体例だけを見てもらってもいいかも。

 

<上>さわりの部分。疑問や悩み、出来事の経緯を書く

<上>はさわりの部分。

自分の考えていることや、身の回りで起こった問題や出来事について、読者のみんなに説明するのが<上>の段落。

・なんでそんなこと考えるのか?

・どうしてこんな事態になったのか?

・最近こういう活動しました。

っていうことを書いて、このブログはこういう内容のお話なんだとわかってもらえればOK。

 

全体的に言えることだけど、最初は完璧を求めず、こんなもんでいいかな?っていう割り切りが大事。細かく考えていたら時間かかってしゃあない。笑

はじめの文章はみんな拙いもんです。

なんぼでも書き直せる、やり直しがきくのがブログのいいところでもある。

 

<上>の具体例

 ◆初心者がブログを書くにはどうすればいいか?

 ◆自分らしく生きるにはどうすればいいか?

 ◆好きな人に振り向いてもらいたくて頑張った

 

<中>メインの部分。上で書いたことに対して、自分が思うこと、解決策、具体事例を書く

<中>は文章のメインどころになります。

 

<上>の内容によって大きく違いが出ますが、だいたいは

・悩んだり行動した中で学んだことや感じたこと。

だったり、

・課題解決の具体的な方法

を書いてることが多いです。

 

<中>となる部分では、内容的にも感情的にも書きたいことがあふれるところなので、とにかく書きなぐって最後に体裁を整えてます。

 

 

<中>の具体例 

 ◆図を参考に、3段落にわけて解説してみた

 ◆そもそもあなたの自分らしさって何か考えてみよう

 ◆好きな人にアクションして、成功and失敗したこと

 

<下>まとめ。決意表明・新たな課題などを自由に書く

ここまでくればお疲れ様です。

最後に、改めて自分の言いたいことであったり、学んだことから「こうするぞ!」っていう意思表明をしたり。

 

いつもだいたい少なめの分量で簡単にまとめてます。

 

<下>の具体例 

 ◆みんなも一緒にブログで意見発信していこう!

 ◆自分らしさの追求に終わりはない

 ◆こちらからアクションを起こすことが大事だと気づいた

 

これで完成ですヽ(・∀・)ノ

 

 

(補足)読みやすいように編集しよう

◆改行で文章と文章の間に余白を作る

3行くらいに収まるように改行する。改行しないと文章が詰まって見づらいです。

 

◆色をつけてみる

このへんはいじるとすごく楽しいのですが、めったやたらに色を使い過ぎないこと。

こんな感じで目がチカチカする(笑)

 

書き方まとめ

以上のように構成してもらうと、書きやすいし読みやすいと思います。

 

書き始める前に、「先にテーマと各段落の大枠を決めておく」と楽です。

これをもとにブログにチャレンジして、みなさんの意見や考えことをシェアしてほしいです。

周りの人が何を考えているのか知りたい欲が高いのでどんどん発信してほしい。笑

 

 

前回記事でも一部書きましたが、

話すことと同じくらい文章を書くことで気持ちがすっきりします。

 

はじめはうまく書けなくて逆にモヤモヤするかもしれないけど、文章にまとめていくなかで自分の考えが整理されていくから不思議。

 

モヤモヤしてる内容をテーマにする

 

→ 苦労しながら文章にまとめる ウゥ

 

→ 徐々に考えがまとまってくる オッ

 

→ スッキリ!!してブログも完成ヽ(*´∀`)ノワーイ

 

っていうことがこれまで何度もあった。

 

ナカノにとってブログは、

「あぁ、自分、本心ではこういうこと思ってたんや。」

「自分のあかんかったとこ、ここやったんや。」

っていう、自分の気持ちを知ったり自分と向き合うための儀式でもあります。

 

 

 

大事なことなので、冒頭のことばをもう一度。

 

人は話すことによって、自分の考えがまとまっていくと言いますが、

ブログで考えを言語化させるのもまたひとつです。

 

誰かに相談できないような問題、環境の場合は、

ブログという形じゃなくとも、文章にして書きなぐってみると、

違う視点が見えてくるかもしれません。

 

溜め込まずにことばで、文章で、外にはき出しちゃいましょう!

 

 

 

さて、次回のブログの書き方第二弾は、

人に公開する際の恥ずかしーっていう気持ちの扱い方について。

 

自分もはじめは恥ずかしかったけど、今は公開して楽しい気持ちしかないです(^O^)

 

思い切って自己開示しまくったらスッキリ度が100倍くらい増した!!

 

というわけで、みなさんにもこのすっきりを感じてもらいたく、第二段も書いてみたいと思います。

 

というわけで、書いてみた。

~~~~~~~~~~~~~~~

おまけの例題

◆例題テーマ1「自分だけの人生を生きるために」

<上>自分らしく生きるにはどうすればいいか?

<中>そもそもあなたの自分らしさって何か考えよう

<下>自分らしさの追求に終わりはない…

 

 

◆例題テーマ2「大好きな彼を追いかけて学んだこと」

<上>好きな人に振り向いてもらいたくて頑張った 

<中>成功したことと失敗したこと

<下>こちらからアクションを起こすことが大事だと気づいた

 

 

【↓これまでの発信力講座シリーズ】







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です