ゆとり世代のお金論。副業バンザイヽ(´▽`)/


こんにちは。自分だけのために生きるならお金は必要ない、ナカノケンジです。

 

今日はみんな大好き「お金」のお話。

まずは質問。「愛かお金のどちらが大事?」

どうでしょうか。ボクは「愛があればそこにお金もあるはず」と答えます。

好きな人と一緒にいたいならばお金を稼ぐ行動をするはず。

「お金ないけど一緒にいたい」なんていう人間は、パートナーに対する愛がない証拠。

金を稼いでその金を目の前で見せて、愛を目に見える形にしろよ。

 

▼そんなナカノのお金に対する考え方を述べていきます。

お金と幸せの関係

お金は生きていくために必要不可欠なもの。「じゃあどれくらい必要なの?」という疑問がつきまといますね。

ボクはぶっちゃけひとりで生きていくだけならたいしたお金がなくても幸せになれると26歳にしてわかりました。お金だけあっても幸せになれないことも。銀行員時代にはお金があっても幸せじゃない人をたくさん見てきたから。

 

お金がない今でもボクはじゅうぶん幸せなんですが「お金があったら幸せがよりいっそう大きくなるんじゃないか」と感じています。

お金がもらたす幸せの3ステップ

▼ボクの頭のなかの、お金がもらたす幸せの輪を絵にしてみました。

絵の内容について解説していきます。

第1段階.自分だけ幸せ

ボクにとって1のレベルの幸せはすでに保証されています。

ボクにとって幸せに感じることは「ひととの関わり」。好きな人たちと会ってしゃべって笑ってしてるのが一番の時間。それにプラスして趣味のツーリングとカラオケしてたらもうそれだけでじゅうぶん。

自分ひとりだけの幸せを追求するならがんばる必要なんてないと、26歳にして実感できたのはめっちゃ大きいです。満足できるレベルが低いのはとても生きやすい。ボクにとっては必要最低限の幸せがすでに保証されているのです。この日本であればどうにだって手に入る幸せ。

ただし、自分以外の大切な人たちと一緒に幸せになるのであれば話は別。最低限が保証されているからこそ、ボクはよりいっそうの幸せを追求していける。

それ以上の幸せ(2・3)のステップを歩んでいくためにお金が必要だと実感しているのです。

第2段階.家族みんなで幸せ

将来的には家族をつくりたいです。

ステキな家族をつくるために「家族で生活するためのお金」、「家族みんなで楽しい時間を過ごすためのお金」、「ひとりひとりがやりたいことをやるためのお金」が必要になる。

家族といえど自分以外の他人なのだからやりたいことはみんなそれぞれ。家族みんなが幸せになるためにお金がいるよね。自分も「ひととの関わり」のためのお金は使いたいし。

第3段階.友達や世界中の人も含めて幸せ

これは次元が変わる話だけど、大きなお金があれば人に与えられるものも大きくなる。決して勘違いしてほしくないのは「バカでかいパーティ開いてドンチャン騒ぎ」がしたいのではないということ。

お金を使うことでより多くの人と接点ができるようになって、自分が伝えたいメッセージを拡散できるようになるということ。

ボクの人生において目指すところは「どれだけ多くの人に与えられる人間になれるか?」です。

 

まずは2のステップに2019年春に到達することを目指しています。あと2年。

サラリーマンになれば手堅いのですが、もうサラリーマンとして働きたくないのでなんとかならんかと画策しています。笑

ボクが目指しているお金の稼ぎ方

▼そんなナカノが目指す、3つの分野で収益化計画は以下のとおり。

1.ブロガーとしての活動

ブログは自分の日記換わりにはじめたのですが、最近になって「ブログ業界の可能性」を知りました。今はオンラインサロン(あんちゃ&るってぃの”ヤるサロン”)に入ってブログの勉強をしています。あらためてヤるサロンってどう見てもOUTなネーミング。笑

「自分のブログをいかに拡散していくか」「どうやってブログを収益化させていくか」を同年代の仲間たちと高め合っています。今はまだ底辺やからさっさと追いつくぞ~!

2.イベンターとしての活動

いきなりですが「キャパ1万人の大ホールで講演会してる自分」が頭のなかにいるんです。社会人1年目のころから不定期にふとイメージが頭に浮かんでくる。

自分でも気持ちわるいけどお告げみたいなものなんだろうと感じています。

もちろんなにもせずにそんなお告げが実現するはずもないので小さいステップを踏んで動き出していきたいと考えています。今の自分が伝えられることを少しずつやっていこう。

3.ボディセラピストとしての活動

今はマッサージの仕事で経験を積ませてもらっています。

なによりお客さんに喜んでもらえるのがすごく楽しくて嬉しいです。マッサージはいつでもどこでも誰にでも幸せを与えることのできるのが大きな魅力。「人と関わる」ことを最優先するボクにとって大事なスキル。どんどん活用していきたい。

その他としては、来年ワーホリに行くので「英語のスキル」も身につけて活用できるようになればと目論んでいるし「海外生活経験」も伝えるうえで大きな経験になるはず。

成功するかどうかなんてことはわかんないのだからそんなことはどうでもよくって、ヤってみることがなによりも大切」ということはいつまでも忘れないようにしたい。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です