【元地銀営業マン】業務のおもしろみや仕事のやりがいは?


自分は関西の大学を卒業して、関西の地方銀行に入社しました。丸2年勤めていましたが、そのなかで嫌なこともありましたが面白かったことややりがいを感じたこともありました。

今回は地銀の営業マンの仕事でおもしろかったことをつづります。

地銀営業マンの仕事とは?

地銀に入社するとまず1年目は社内でのOJTで支店内の各部署を体験していきます。窓口や預金事務、融資事務といった内勤業務をメインで行って銀行の業務を覚えていきます。その後、営業に配属となることが多いです。

営業になったらまずは個人のお客さんを主に担当します。地域のおじいさん、おばあさんのお家をまわって、預金を預けてもらったり投資や保険に加入してもらうのが主なミッションになります。

なによりまずはお客さんとの信頼関係を築くことを求められます。足繁く、でも、しつこくないように訪問して徐々に仲良くなっていきます。

地域には新しいお客さんもいれば、その銀行に昔から取引してくれているお客さんもいます。とくに、昔からお付き合いのあるお客さんを中心にして営業に回っていきます。

そうして個人営業を行っていき、実績ができてきたら、小さな法人客から任されていくようなイメージです。

地銀営業マンの面白さは?

個人営業でおもしろかったのは、やはり「お客さんと仲良くなること」でした。自分にもなじみのお客様がいて、訪問するといつも食べ物を用意してくれるおばちゃんがいました。近くの商店街でマーマレード入りの食パンを毎回買ってきてくれました。よく持ち帰って食べていたのを思い出します。

営業マンとお客さんという立ち位置ではなく、人と人との付き合いとして関係を築いていくことがとてもおもしろかったです。お金の話だけではなく、その人の人生や苦労話、息子さんの話など、いろんな方の人生を聞かせてもらいました。

そのほかに面白かったことは、お金持ちのお客さんとのやりとりでした。医療関係の方や不動産関係の方など、けっこう裕福なおウチにおじゃまして数百万円のお金を動かす話をしたりもできました。

また、お金持ちならではのお金にからんだ家族同士の争いごともあったり、お金持ちならではの悩みを知ることもできました。お金があれば幸せってわけでもないんだとわかりました。

地銀営業で感じたやりがいは?

地銀の営業マンとして、地域のお客さんと接する中で「信頼されること」が一番やりがいとして感じられました。お客さんの金融資産をよりよくするために、例えば投資信託を提案するなどしたときに「あんたに任せるわ」といったことをよく言っていただけました。

そうしてお客さんの資産を運用させていただいて、やりがいがありました。もちろん、その裏には責任感やプレッシャーといったものもありましたが、総括してやりがいとして感じていました。

地銀営業マンとして求められる人は?

銀行の営業ではノルマがありますが、いい成績を残せば昇進も十分目指せます。銀行はプラスの成果よりも、大きなマイナスをしないことのほうが重要です。加点評価より減点評価が強いので、ミスをせずにコツコツ成果をあげるような人が評価されます。

そういった、派手さはないけれど地味に取り組んでいける人のほうが地銀で営業マンをする上では面白みを持って働くことができるでしょう。

以上、地方銀行で営業マンとして働くイメージは感じていただけたでしょうか。就職する前にイメージをもって地方銀行への就職を選択してもらいたいです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です