真のお金の知識は、金持ち父さん貧乏父さんで学ぶべし!


ロバ―トキヨサキさんの名著「金持ち父さん貧乏父さん」。

お金持ちになりたい、稼ぎたいという人は1度は読んだことがあるんじゃないでしょうか。

この「金持ち父さん貧乏父さん」、ネットワークビジネス(ア●ウェイなど)の勧誘にも使われるということで悪名高くもありますが、、、お金の本質を知るうえで重要な内容が書かれています。

お金のことは学校では教えてくれない。お金の勉強は「金持ち父さん貧乏父さん」で。

本書にも書かれていますが「学校ではお金のことは教えてくれない。」のです。サラリーマンとして稼げるようにするのが学校教育です。

先生の言うことを真面目に守って真面目に勉強することが学校では美徳とされました。会社でも同様に、上司のいうことに従って真面目に仕事をすることが求められています。

それは、経営者側からすると(言葉悪いが)使い勝手のいい労働者となります。(最近の若手はなにかいうとすぐやめてしまうので扱いづらくなっていますが、、、)

こういったことを「金持ち父さん貧乏父さん」の中で書かれています。

あなたは一生、お金のために働きつづけるのか

「金持ち父さん貧乏父さん」のなかで、金持ち父さんは子どもたちに、「お金のために一生働かなければならない人間にならないよう」、お金について教えていきます。

毎月のローンの支払いを気にしてお金のために働き続けるのか、的な内容が書かれているのでネットワークビジネスの勧誘に都合よくつかわれています。。

ネットワークだろうがなんだろうが「お金がお金を連れてくる状態」というのはめちゃくちゃ理想的ですね。というか夢のような話ですよね。

「金持ち父さん貧乏父さん」ではこうしたお金がお金を連れてくる状態を目指そうということを書かれています。というかお金持ちになるには「それ以外」です。

お金がお金を稼ぐ=不労所得(≒資産)を築いていく必要があります。

「不労所得」とはなんなのか。ざっと項目をあげてみた。

不労所得とは文字通り「働かずして得られる所得」です。一般的には、

・株式

・不動産

・ネットワークビジネス

・ブログ、アフィリエイト

・Youtuber

・オーナー

なんかがぱっと思いつく不労所得でしょうか。この不労所得の選択肢が多いほど稼ぐチャンスは多いですよね。「金持ち父さん貧乏父さん」を読むと、投資意欲がかなり高まります。

「生活費<不労所得」になれば無理せずお金が増えていく

毎月必要な生活費よりも、それ以上の不労所得が入ってくればお金は勝手に増えていくことになります。そうなった段階で生活費を取り除いて、余ったお金で遊んだり物を買って消費すればいいじゃないか。というのが理想です。

真の「お金の安定」とはなにか。

サラリーマンとして働き続けるのって安定しているようで、本当の意味では安定ではないと思うんです。会社がつぶれたり自分自身がつぶされてしまったり。。あとは、ケガや病気になったら働けなくなる可能性が少なくともあるわけですし。

お金が入ってくる間口をいかに増やせるか、が個人的には大事だと思っています。

てことで、株式投資、ちょいちょいやっていこうかと思います!!

お金に興味がない人以外は「金持ち父さん貧乏父さん」、読んでみるべし!

自分は昨日23時に購入しました!↓↓







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です